12月6日 小雪の一周忌でした。


6日は 小雪の一周忌でした。


  きれいなお花が 

  ママちゃんさん から届きました。

  ラファちゃんママから

  心温まるメールが届きました。

  レオちゃんのパパさん&ママさんが

  お花をもってきてくれました。




      2015-12小雪一周忌


   小雪のことを忘れずに

   覚えてくれていることが

   とっても嬉しいです。



          小雪の姿は見えなくなりましたが

           エルフの見せる行動が

           時々小雪と同じことをしています。






         2015-12エルフ




      デッキの一番端っこで

      小雪がいつも外を眺めていた場所に

      小雪と同じカッコウをして エルフがいます。



          食事のフードを半分残して 

          夜散歩から帰ると

          「残した分を食べるからちょうだい」

          と、キッチンに催促にきた小雪 

          

           いまでは、同じ事を

           エルフがするようになりました。 









        小雪は

        ときどき  に帰ってきてくれているようで 

        霊感のない  は気がつかないのですが

        エルフは (←見えないものがみえるエルフ)

        ときおり じっと 壁や天井を見上げていることがあります。





         2015-12じ~~っ


          「だれかいるみたいでしゅ」




          2015-12だれかいるでしゅ


           「こゆきしゃんでしゅか?」






          2015-12ミルク




          偶然かもしれませんが、

          小雪がいるのかな?

          という素振りをみせたのは、

          ミルクの体調の良くないときのことでした。


             夏が過ぎ 涼しくなってきたころ

             後ろ足に力が入らず

             立てなくなり

             身体を支えて歩くのも数歩というような状態で

             そんなときに

             エルフが じっとなにもないところを見つめていたのです。


       小雪が ミルクを迎えに来てくれたのかな?



            いえいえ・・・・・

        「私の後をまかせたわよっていったでしょ。

          しっかりしなさい。」

         と、ミルクを励ましにきたんじゃないかな?


             と考えていました。



       今、ミルクは ゆっくりですが

       また、お散歩できるようになりました。


        小雪が見守ってくれているのだと思います。







     そして、



         2015-12大和



         わんぱく坊主の 大和


        小雪のきびしい教育を知らないで育っています。

       大和のいたずらに手を焼きながら


        (小雪がいてくれたら、大和にワン!と一喝してくれただろうなぁ~)

       と、教育担当の小雪が懐かしく思い出します。



            
     

      小雪との出会いは

      ミルク、エルフ

      そして大和との 楽しいワンコとの暮らし

      幸せな時間を 私たちに教えてくれました。


          小雪ちゃん。

          ミルク、エルフのこと、

          そして、新入り大和を、

          お空の上から見守っていてくださいね。

       

          







              
にほんブログ村
             
スポンサーサイト

満月の夜に・・・・・


   新鮮な?ネタがなく

   『回顧録』ブログです。

  






   突然ですが  ( 


     は、満月の夜が大好きです

   
       (↑  オオカミ女ではありませんので、変身しないのでご心配なく。)  



     小学生の頃、姉をバス停まで迎えに行った夜

     月明かりがとってもきれいだったことを

     今でも鮮明に覚えています。

     街灯もないようなド田舎ですので、

     遠くの山まで、くっきりと見えて

     今でもその光景は目に浮かびます。

     それから・・・というわけではないのですが

    満月・・・・・というより

    月明かりに照らされて散歩するのは大好きです。


    そして 小雪との出会いと別れも満月の夜でした。

    だから、月明かりのきれいな夜の散歩は


     小雪が一緒にいるようで

     「小雪ちゃんも一緒に散歩しているね。」

     といってミルク、エルフ、大和に話しかけます。



    満月の夜に うちのやってきて

        満月の夜にお空に旅立った小雪なので

   「かぐや姫」のようだわ。

        と、 言っていました。





     そんな   の言葉を覚えていてくれて

        十五夜に素敵な贈り物が届きました。






       2015-10かぐや姫1




        昨年、小雪がお空に旅立ったときも 探してくださったのです。

        その気持ちが、とってもうれしかった。。。。。

         そして 今年・・・・





       2015-10かぐや姫2




       もっとうれしいことに、

       小雪のことを忘れないでいてくれたこと・・・・・

       

       絵本と一緒に 届けられた「かぐや姫」

        (この絵本大好きで、栃木にある美術館にもいきました)



   この絵本には、 贈ってくださったお友達ワンコさんと同じ名前の男の子がいます。

    お友だちワンコさんは女の子なのですけどね。     
 





      2015-10かぐや姫3



   食べてしまうのが もったいないくらい

   かわいいんです。 

    ちょっとだけ、ミルクたちにもおすそわけしました。





            ゴウパパ&ママさん、ありがとうございました。
            

            にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村




      今日の大和

        2015-10ウッシーくん


        ミーナくんママにいただいいたおもちゃ

        「ウッシーくん」 (←と命名)

        転がして、
   
            くわえて ピコピコさせて

        得意げなお顔

小雪の四十九日がきます。


17日が小雪の四十九日になります。

  
  葬儀のときの、渡された冊子のなかに



   『四十九日を過ぎると、お骨に魂は宿らないとお経にもあります。

   それまでは、魂はこの世にあって、おともだちのところにいったり

   自由にしていますが、でも、おうちにいることが多いのでしょう。』



  と、かかれていました。





      2015-1小雪1


   <マロ眉毛がキリリとして、「鼻黒ちゃん」と、散歩しているおばあちゃんに呼ばれていました。>



    たしかに・・・・

    見えないものが見えるエルフは、小雪の遺骨を、じっとみていたり、

    部屋の上の方を見つめては、ギョッと驚いてみたり

    部屋の中をキョロキョロしていたり・・・・・

    小雪を感じていたように思えます。






      2015-1きりり小雪


   <男の子と思われていることが多くて、「小雪といいます」というと、女の子なの?と驚かれることも・・・>




   時には 霊感のない鈍感な  にも気づくように

    小雪は、玄関ドアついているベルを鳴らしてくれたり・・・・

    と、小雪の気配を感じていて、

     にいてくれるんだなぁ~~と思っていたのですが。
 





       2015-1小雪&ミルク2

   <躾けに厳しそうな顔しているでしょ? ミルク目も開けられません>



     でもね、少し前から、感じていたんだけど、

      小雪、もう、ここにいないと思うのです。。

     虹の国にいて、そこで楽しくしているんじゃないかしら。

     そんな気がしているんです。






      2015-1小雪&ミルク


   <カメラを向けても、ニコリともしません。カメラ目線なんて、絶対にしてくれません>



      小雪のBFのアランちゃん、レオくん、マックや

      仲良くお散歩したお友だちは、

      ひとあし先に虹の国にいっています。

      だから、虹の国には、小雪のお友達はたくさんいて

      昔のように、一緒に散歩したり、寝転んだり

      虹の国は、とっても楽しいんだろうな♪

     

     だから、そんな虹の国が楽しくて、四十九日前に

      もう、小雪は(虹の国に)行ってしまったと思うんです。

      






        2015-1小雪8歳




        に、その事を伝えると、


    「16歳まで生きて、

       そして、あの世(虹の国)で、楽しくすごしているんなら、それでいいよ。

      親孝行な小雪だったな」 




   


     2015-1後は任せたわ

     「おとうさんとおかあさんのことは、ミルクとエルフに任せたからね。

        しっかり教えたからね。

     後は頼むわね」





     きっと、小雪はそういって旅立ったんだろうけど 

     小雪の気配を感じなくなったふたりの姿は・・・・・・・
 こちら→ 





        

       だ ・ だいじょうぶ・・・。ちゃんとやってるわ。
           


              やってるでしゅ。。。。。。



            にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村
             小雪、今では、夢にも会いにきません。小雪とミルクとエルフがへそ天をしている夢が最後かな。
             小雪まで、そんな姿で寝ているの?って、笑った夢でした。

小雪が帰って来ました。



あと1時間足らずで、2014年が終わります。

たぶん、記事を書いているうちに、来年になっているとおもいますが・・・

  ヨコハマは、除夜の鐘ではなく、船の汽笛の音が響きます。 

   残念なことに、 は、ヨコハマのはずれなので、汽笛は聞こえませんが。








   朝、素敵なものが届けられました。 

   封をあけると、

   涙がポロポロこぼれてきました。

   涙腺がきれてしまったかのように、涙があふれてきます。





       「おとうさん、小雪が・・・・・・

          小雪が帰ってきたよ。。。。。。。」
  




        26-12小雪がかえってきました



  差出人は、 ママちゃんさん です。

  いつも、「だいじょうぶ?」と気にかけてくださいます。

    




    小雪がそこにいました。

    柔らかだった毛なみも、

    茶色の瞳も、

    耳のふわっとしたところも、

    小雪そのものです。


    小雪のふわふわだった毛の感触と

    抱き上げたときの重みが思い出されます。

    「小雪ちゃんを、また、抱っこできるなんて・・・・・」

    と、(額の)小雪を抱きしめました。


     は、小雪が虹の国へと旅立ってから、

    落ち込んでなかったし、思ったより平気でした。

    小雪は、いつもバリケンの中で、寝てばかりだったし、

    いまでも、バリケンの中で静かに寝ているような気がしていましたし。



   小雪の話をする時は、悲しくて、胸が切なかったけど、

   それでも、フツーに話をしていたし、

   (小雪は16歳まで生きたんだから、がんばったよね)と思っていました。

    寝込んだ2週間の間に、体力の落ちていく小雪をみながら、

   気持ちの整理ができて覚悟もしていたからと、感じていました。





    でも、でも、自分でもわからないのですが、

    この小雪の絵を見たとたん、涙がとまりませんでした。


    小雪は、もう、いないのです。

    小雪のぬくもりも、重みも感じることはないのです。

    小雪がいないのです・・・・・




   「 虹の国って、こんなところなんだろうなぁ。

    ここで、小雪が幸せにくらしているんだな。」
  
   と、おとうさんがつぶやきました。


      「うん。」


    私もそう感じます。


   

    小雪が虹の国で、幸せなら、安心だわ。

    お友だちと楽しく遊んでいるのなら、よかったわ。

    上手に挨拶できるか心配だったから。

   


    
    服26-12小雪の



    小雪の服は、片付けてしまったのですが、

    1枚だけ残ってました。

     お風呂場に干してあったタオルと重なっていて、気がつきませんでした。

     小雪の思い出は、いろんな所に残されているのですね。

     



     すみません。

    新しい年を迎えるというときに、湿っぽくなりましたが、

    でも、とっても嬉しいことだったんです。

    小雪を、また感じることができたのですから。





     26-12ごあいさつ



     ミルクとエルフ、ふたりになりましたが

    2015年も、どうぞ、よろしくお願いします。



                2014年12月
                             ミルさん、ミルク、エルフ

     






     

お家にいるよ

   が、いいました。



「小雪が元気に走っている夢をみたぞ」

「(大阪にいる) に会いにいくんだって」


と、嬉しそうに話してくれました。





エルフも、毎日 こんな顔して、






26-12キョロキョロ1


部屋のなかを見上げたり、



目をキョロキョロさせて見回してます。



    (エルフは、以前から見えないものが見えるみたいなのです。)





     おとうさんに夢に会いにいったり、



    エルフには、見えるのに


    には、全わからず・・・・・・

    さびしいよ、小雪。




      と、思っていたのですが、





朝、歯磨きをしているときに、

玄関ドアについているドアベルが、チリン♪となりました。




     ( が、出かけたのかな)

  と、玄関をみるととだれもいない。。。。。。。。。



お散歩の順番はは、いつも1番だった小雪



   「おかあさん、散歩に時間よ」


と、玄関にいたのかな


見えないものがみえる(と、思われる)エルフの不思議な行動に、

ビクビクしたこともあったけど

今は、 小雪だと思うと、恐くないのです。



小雪ちゃん、おうちにいるんだね♪

おかあさんにも、わかったよ♪









最後の時間




     26-12最後の写真1



最後の3姉妹一緒の写真





         26-12三人で





     みなさんから頂いたたくさんのきれいなお花に囲まれて

      小雪は、お空に旅立ちました。





      26-12小雪



    虹の国にいるお友達の分も

       おやつをいっぱい持たせました。











お友だちに、上手に挨拶できたかしら!?

ガウガウしてないかしら?!



なんて、遠く離れた小雪のことを、心配してしまいます。


プロフィール

ミルさんママ

Author:ミルさんママ
小雪  1998.10.23
2014年12月 16歳1ヶ月 虹の国へと旅立ちました。

ミルク 2002. 5.29 
2016年10月 14歳5ヶ月 小雪のところに行きました。し

エルフ 2010. 7.20 
甘えん坊のバーニーズマウンテンドッグ

大和  2015. 5,20
末っ子長男、まだまだいたずら王子のバーニーズマウンテンドッグ


   ワンコとの平凡な毎日、ときどきおでかけのことを綴ってます。
   たま~~にスイーツやお酒のことも・・・
      

いくつになったの
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ http://ping.blogmura.com/xmlrpc/lrfwq37kow7w
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いち、にの、散歩!
フリーエリア
フリーエリア
モラタメ
グリムス育成
ブログパーツ1
ブログパーツ時計
もじでぱ1
フリーエリア
チャリティーグッズで盲導犬を応援しよう! 盲導犬サポートSHOP
わんちゃんホンポ
犬ブログ広場へ
わんちゃんホンポ
犬ブログ広場 バーニーズブログへ
わんちゃんホンポ
犬ブログ広場 多頭飼いブログへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天バナー